ゾネントア社の歴史 | OUR HISTORY


ゾネントア社の歴史をご紹介致します。

ゾネントア社の歴史 イメージ


ネントア社の始まり

ゾネントア社は、創業者のヨハネス・グートマンと一人のおばあちゃんとの出逢いから始まります。

グートマンは彼女からヒルデガルトをはじめとするハーブのレシピや、月の満ち欠けなどの物語を教わりました。彼の人生を変えたハーブの神秘との出会いでした。

それを機に、オーガニックのハーブでの起業を考えはじめたのです。
1988年 オーストリアのニーダーエスターライヒ州、ヴァルトフィアテルにゾネントア社を設立。
オーストリアで初めてのオーガニック認定取得企業となりました。

ヨハネス・グートマン写真

ネントア社の発展

グートマンの実家は農家で、両親・親戚がみんなハーブを栽培していました。
彼の身近なところに、とても品質の良いハーブがあったのです。

近隣の3軒の農家からスタートし、究極のオーガニック農法といわれる、バイオダイナミック農法での栽培を実現しました。1992年シュプレーグニッツにある古い農家を購入し、本社として使用し始めました。後に生産と流通の拠点となり、長年に渡って近代化し拡張し続けています。
契約農家は現在150にまで拡大していますが、毎年、品質管理チームとグートマンが現地に確認をしに行くことで全て管理し、理念に基づいたハーブの栽培を続けています。

その後ゾネントア社はアジアのホテル産業にも参入。
シャングリラ、リッツカールトン、ブルガリ、コンラッドなど、多くの高級ホテルでゾネントアのお茶が採用されました。グートマンはこの事業が認められビジネスの分野でも賞を受賞しています。

ゾネントア社の写真

ネントア社のこれから

現在も本社をシュプレーグニッツに構え、オーストリアに約135名、チェコ共和国に約60名のスタッフが働く人気企業に成長しました。

都会の大学を出た若者がこの村に移住し、就職することも多くなり、時代に即した革新的な技術も取り入れています。
輸出国が45カ国以上に増えた今でも、ゾネントア社の理念は揺るぎなくこだわりを持ち続けています。

オーガニック食品のパイオニアとして、これからも皆様に大切に育てたハーブやスパイスをお届けします。

ハーブティーの写真



ゾネントアについてゾネントア社のこだわりや歴史等、ゾネントア社についてご紹介


  • ゾネントア社の歴史
  • ロゴについて
  • ハーブへのこだわり
  • 製品への想い

トップへ戻る