column

フラワースパイスをデイリーに楽しむ

マーク

コラムマーク

スパイス初心者の私にとって、心強い味方がゾネントア。普段の私だとスパイスと言えば、青じそ、みょうが、三つ葉、クレソン…と、どうしても単品づかいになってしまいます。ブレンドしようと思っても、わざわざ複数のスパイスを調合して、となると、手間もかかるし、ひとつのスパイスを一瓶買ってしまうと使い切りまで時間がかかるなど製品の鮮度などのことを考えてしまい、なかなか手が回りません。その点、プロの手で配合されたゾネントアのブレンド・スパイス各種はとっても重宝しています。

愛用しているのは、All the Best とFortune。
All the Best は、ヨーグルトに(時にははちみつと)かけたり、ハーブティーを淹れた仕上げにパラパラとしたり、アイスクリームを頂く時にきなこと一緒に軽く和えたりして頂いています。ほの甘柔らかい風味がなんとも言えず好きです。
Fortuneは、主にお野菜炒めに使っています。シーフードに葉野菜を添えて炒める時にもステキな惹き立て役として大活躍。またささっとお昼に炒飯を作る時とか、その上に卵のじらじらを乗っける時に和えるのにも使っています。

息をするように、人の生涯で大きく要の部分を占める食。だからこそ食はいつも愉しく、また美味しいのがいいな、と外食していても、家でご飯の時も想います。ちょっと一手間かけるだけで、いっそう味わいのある家庭に。私にとってゾネントアのスパイスはいつも台所に静かにたたずんでくれている温かい存在です。

石原来美の画像

石原来美

http://oishiinomad.com/

ニーマルヨガの創始者、ニーマル・ラージ・ギャワリ氏に師事。日本でニーマルヨガの普及に努める傍ら、古来からの師弟関係を通じての伝承にてアーユルヴェーダを学ぶ。

師の下を巣立った後は、たった一通のメールから実現したミッドタウンの「パークヨガ」や、ヨガのチャリティ基金「ヨガエイド」の日本大使を務める中で、ヨガのさまざまな流派をつなげる役割を果たす。また、ヨガに音楽とダンスの要素を合わせた「ヨガレイブ」日本版、椅子に座ったままできる「座ヨガ」などの新機軸のコンテンツ開発で、ヨガ人口のすそ野を広げる活動にも熱心に取り組む。

最近はオーガニック・コスメブランドとWWDビューティーのインフルエンサー向けイベント監修、また10月初には、白一色に着飾り公共の場でフラッシュモブ的に催すディナーパーティー「ディネ・アン・ブラン」の日本初上陸を実現させるなど、ヨガ界内外でヨガ(「つなぐ」の意)な生き方を貫いている。

トップへ戻る