ハーブ・スパイス辞典


クローブ

クローブのイメージ

分類: フトモモ科
種類: 非耐寒性常緑高木
英名: Clove
和名: チョウジ
学名: Syzygium aromaticum
原産地: インドネシア
使用部位: 蕾

主要成分

■ 材料 オイゲノール、ワニリン、アセチルオイゲノール、バニリン

使われ方

胃痛、腹痛、嘔吐、胃もたれ、頭痛、生理痛、歯痛、消化促進、殺菌、口臭予防

豆知識

インドや中国では紀元前から使われ、ヨーロッパでは黄金と同じ価値を持つスパイスとされていました。
クローブという名はラテン語の釘(clavus)に似ていることに由来し、和名のチョウジ(丁子)も中国語で同様の意味です。
特徴的な香り成分「オイゲノール」はゴキブリ除けとして使用されることもあります。

作用

鎮痛作用、殺菌作用、麻酔作用、消化促進作用、防腐作用、殺菌作用、消臭作用

味と香り

甘くスパイシーな強い香り

注意点

大量使用を避ける

おすすめ

独特の渋味を帯びた甘く強い香りがあり、消化を促進し、身体を温める効果があります。
胃もたれがする時、吐き気がするときにもおすすめです。
甘辛両方の料理に調和する利用価値の高いスパイスです。
粉末はガラムマサラというミックススパイスや、身体を温めるドリンク、冬のお菓子に欠かせません。
鎮痛作用、殺菌作用、麻酔作用もあるので、生理痛、頭痛、胃痛、腹痛などにも有効。
和漢薬としては急性腸カタルや腹痛などに広く利用され、また胃を温め、痛みを鎮める作用もあります。
歯痛の時はホールのものをそのまま噛むと効果的。

*この辞典は植物の一般的な性質を述べたもので、製品の効能を示したものではありません

マーク

スパイス&ハーブマーク



トップへ戻る