ハーブ・スパイス辞典


エルダーフラワー

エルダーフラワーのイメージ

分類: スイカズラ科
種類: 落葉低木
英名: Elder flower
和名: 西洋ニワトコ
学名: Sambucus nigra
原産地: ヨーロッパ アジア西部 アフリカ北部
使用部位: 葉・果実・花

主要成分

■ 材料 ルチン、クエルセチン、ミネラル、カリウム、コリン、マレイン酸、吉草酸、ウルソール酸(トリテルペノイド)

使われ方

インフルエンザや風邪、発熱・副鼻腔炎・花粉症など症状の改善。

豆知識

古代エジプト文明の頃より万病に効くとして民間薬として使用され、「田舎の薬箱」と呼ばれ親しまれてきました。
日本に自生しているのは「ニワトコ」です。
花はマスカットのような香りがします。

作用

発汗作用、解熱作用、去痰作用、鎮痛作用、抗炎症作用、利尿作用、抗ウィルス作用など
身体の痛み、のどの痛み、関節リウマチなどの諸症状を和らげ、かぜや花粉症の症状も緩和してくれます

味と香り

花はマスカットに似た香り、
木部と葉からは麝香の香りがする

おすすめ

「風邪をひいたかな…」と感じたときや寒気がするなどの風邪の初期症状には、エルダーフラワーがおすすめ。
このハーブは粘液を浄化して呼吸器の気道をきれいにする働きがあるため、風邪やインフルエンザの治療に用いられてきました。アレルギー性鼻炎・花粉症などのカタル症状(鼻水・鼻づまりなど)緩和にも効果を発揮します。
また、エルダーフラワーは利尿作用と発汗作用に優れ体内に溜まった毒素の排出を促すとされています。むくみが気になる方は、エルダーフラワーのハーブティーをおためしください。
エルダーフラワーティーにはマスカットのような甘い香りがありますが、不安やうつな気持ちを和らげ、神経の緊張をほぐして安眠に導く効果もあるとされています。
エルダーフラワーティーは喉や口腔の感染症予防のために、うがい薬としても用いられます。

*この辞典は植物の一般的な性質を述べたもので、製品の効能を示したものではありません

マーク

スパイス&ハーブマーク



トップへ戻る