ハーブ・スパイス辞典


タイム

タイムのイメージ

分類: シソ科
種類: 常緑小低木
英名: Common thyme
和名: タチジャコウソウ
学名: Thymus vulgaris
原産地: 地中海沿岸地方
使用部位: 地上部

主要成分

■ 材料 苦味成分、タンニン、フラボン、チモール、カルバクロール、β-カリオフェレン、α-ピネン、テルピネン-4-オール、ボルネオール

使われ方

風邪や気管支炎、喘息、咳、扁桃腺炎、喉頭炎などの呼吸器系のトラブルの改善。
うがい薬として、喉の痛み、歯肉炎などに。その他消化器系、泌尿器系の感染、消化不良などにも効果的。

豆知識

およそ3500年前からメソポタミアで薫香に使われていたと言われています。古代ギリシアでは防腐効果が高いのでミイラの防腐剤に使用されました。また、空気の浄化や疫病の予防に用いられました。

作用

殺菌、抗菌、鎮痙、去痰、消炎、抗酸化、駆虫、消化促進、駆風、防腐、消毒。

味と香り

独特の薬のような香りとほろ苦い味

注意点

妊娠中の多量使用を避ける。胃炎がある場合、注意。

おすすめ

タイムのハーブティーには消化不良、気管支炎や風邪の症状、咳などを軽減し、喉の痛みを和らげるうがい薬としても効果があります。
スパイスとしては魚、肉の臭み消しと香り付けに広く使用されます。肉、卵、野菜にも良く合い、長時間加熱しても風味が損なわれず、スープ作りなどに使われるブーケガルニには欠かせないハーブです。

*この辞典は植物の一般的な性質を述べたもので、製品の効能を示したものではありません

マーク

スパイス&ハーブマーク



トップへ戻る